しまね映画塾2011 in 安来 作品発表

d0128725_1172428.jpg



(←HPでのパンフレット
当日配られたパンフは写真が全て差し替えられていた・・なぜだ?)

安来市を舞台に、6月のガイダンスからスタートした「しまね映画塾2011in安来」。
しまね映画塾でしか生まれない・出会えない短編映画10本を一挙上映する作品発表では、
塾長の錦織監督をはじめ映画人からの講評、来場者の投票によって決まる各賞の授賞式もありました。
11月20日(日) 開場/13:00  開演/13:30
安来市民会館 入場無料

d0128725_147982.jpgd0128725_1451176.jpg行ってまいりました!

2年ぶりの発表上映会!うれしい~
スクリーンに映るハイビジョンの明るさと美しさに感動
そして念願の観客賞受賞!



d0128725_1455488.jpg最初の上映の前に3作品のチームが勢ぞろい
「拓也の夏」チームは3本目
d0128725_1462433.jpgd0128725_1341785.jpgコメント・上映と次々続きます
進行はおがっちと安来のオジ
初めて見る作品に「やられた!」「こんな話だったのか!」
「いい!」とスクリーンに食い入ります
「安来のぞんび」に場内大爆笑



d0128725_1475166.jpg全ての上映が終わり休憩を挟んで講評
今年は厳しくいこう!との前置きでした

d0128725_148373.jpg監督がまるで被告のように
次々と尋問され切り刻まれます
おそろしや・・・

d0128725_1482985.jpg「拓也の夏」です
監督の石倉君は都合で帰ってしまったので矢野さんが代理で着席
・・と、間髪入れずにおがっちとオジがマイクの持ち方を指摘

d0128725_1483946.jpgそして塾長の石倉監督への指摘に
「まっ たくそのとおりです!」と相槌を打つ矢野さん・・・
かなりのエンターテイナーです

総評:昨年より全体的にトーンダウンの印象
● 安来はどじょうすくいと安来節だけというのは安易。もっと他の魅力も伝えていくべきだ。
● 何か面白くしてやろうとしている。何を撮るのか、そのおもいが第一であるということ。
● また、監督の意見が全てで作ることは限界があってオーケストラを1人でやるようなものだ。
  カメラや編集など人に任せたり、客観的な意見を聞きいっしょにやること。
  監督は演技だけに集中すればよいのではないか。等々・・・
審査員に好評だったのは「我が家の神様」と「出藍」でした。

各賞発表
d0128725_1353239.jpg
▽作品賞           我が家の神様(堀川順子)
▽観客賞           拓也の夏(石倉正)
▽審査員賞          安来のぞんび(漆谷泰一) ぼくがネクタイをはずした日(矢島美香)
▽安来市長賞        出藍(野津育子)
▽やすぎ名画シアター賞 願うということ(はじゅな)
▽夢ランドしらさぎ賞    女子会(山口智宏)
▽鹿介賞           安来三ブシ物語(田中敏治)
▽安来市観光協会賞    安来に恋して(田淵一真)
▽安来市文化協会賞    お父さんをとらないで(岩谷正枝)
▽俳優賞・女優       陰山理恵(我が家の神様) 田中志歩(願うということ)
       男優       矢島央海(ぼくがネクタイをはずした日) 野津雄一(拓也の夏)

d0128725_217432.jpg拓也チーム
まずは主役・野津君が俳優賞をゲット!!
顔ぶれを見ると新人賞といったところでしょうか

d0128725_1492282.jpgそれとは別に杉谷さんや勝部さんから
私の演技をほめていただきました
これには大変嬉しかった
ちょっと自慢
d0128725_1593920.jpgd0128725_191063.jpg賞品はいろいろあって米20kgなんてのもありました
ちなみに観客賞は煎茶茶碗の詰め合わせ
d0128725_20159.jpg場所を移してクロージングパーティー
とっても賑やかでした
監督囲みたかったなぁ・・・
[PR]

by seikouzan | 2011-11-22 01:55 | 映画と舞台