安来の夏 拓也の夏 2日目

d0128725_454271.jpg9月18日(日)早朝の富田山荘の窓には
めずらしい蛾が貼り付いています
山を実感・・

びっしりとスケジュールの入ったメインの日。
初日は撮影が膨らみ押しました。
現場でのひらめきによってついついカット数が増えるのだと思います。
監督の気持ちもわかりますが時間と天候との戦いなので計画の消化を優先しなければなりません。
前日の反省からタイトな撮影にするよう心がけます。
今回のメンバーは初参加4人経験者5人。
助監督の山戸さんは初参加。経験者の矢野さんがフォロー。
監督に歯に衣着せぬゲキを飛ばしたのです。

この図式がチームワークに大きな運動をもたらしました。
監督は余計なことに惑わされず作品の演出に集中でき
各々が仕事の領域をはっきりとさせどんどん考えはじめたのです。
そういうストレスがかかった状態によって実現できた動き。
作品とは別に我々自身のドキュメントを撮っているような気がしました。


d0128725_4541143.jpgd0128725_454232.jpgd0128725_454314.jpg7:30 
玄関前集合現場へ移動
2日目も朝から天候は思わしくありません
 

d0128725_4543948.jpg8:40
朝一でラストのキャッチボールのシーンをとります
矢野さんアドバイスしています
d0128725_4544782.jpg野津君と大山君はキャッチボールをやったことがなく監督が指導します
それを見ながら・・・うちの息子たちとも
キャッチボールやったことないよなぁ・・(反省)
d0128725_455317.jpg今年のTシャツはドジョウがハートを描いています
映画塾のTシャツはセンスいいです
いつの間にか青空が・・・


d0128725_456791.jpg10:00 
エキストラ到着
たのんであった親子連れを案内するシーン
d0128725_4562342.jpgサクサクと進みます
農場奥のシーン
d0128725_4563854.jpg監督は絵コンテまで仕上げていますが
現場でもう一度絵を考えながら立ち往生
この様子を見て矢野さん
「またカットが増えんのかよ! あんた絵コンテまで描いてきたんじゃないのかよ!!」


d0128725_4565088.jpgd0128725_343588.jpg11:30 
トラクターのシーン
砂流さんの軽トラに乗せてもらって
牧場の中を移動
みんな大はしゃぎ
d0128725_457777.jpgd0128725_4571823.jpgぬかるんで動かなくなっても
人数がいるから全然平気!
順調に撮って次の現場へ


d0128725_4573216.jpg13:00 
杭打ち作業のシーン
一発OK・・となりましたが
わしの台詞・・スベッていると思われ・・
d0128725_4574318.jpg13:20 
子牛に哺乳シーン
そして牛舎の中での作業シーンと次々と完了
d0128725_458268.jpg15:00 
雨雲がやってきました
ラストシーン朝一で撮っておいて正解でした
d0128725_4581150.jpg15:20
・・と突然の土砂降り
いつやむかもわかりません
待てば時間のロスです

d0128725_4583392.jpgとっさに現場で検討
柵を飛び出した子牛を追いかけるシーンですが
子牛に演技ができるのか・・
色んなことを天秤にかけます

d0128725_4584192.jpg結局、突然の雨の中、外に出したままの子牛を連れもどすシーンに変更
雨はいつやんでしまうかわかりません
急いでスタンバるみんな
本部の視察隊も見守っています


d0128725_459211.jpg16:50
強引に雨のシーンを撮り終え
前日準備しておいた拓也の部屋へ移動
砂流さんの自宅をお借りしての撮影
d0128725_4592072.jpg牧場から自宅までは150mくらいでしょうか?
隣の近藤さん宅では「お父さんをとらないで」のロケ
近藤さん一家には何から何までお世話になりました

d0128725_4592865.jpgd0128725_4593815.jpgd0128725_4594711.jpg18:00 余裕をもって撤収、反省会
19:00 映画塾恒例のバーベキュー
雨にもかかわらずライブハウス状態
監督たちのアジテーションにみんな大喜び
[PR]

by seikouzan | 2011-09-21 03:51 | 映画と舞台